有賀泰治ブログ

ご祈祷

お稲荷さん
神社の数は八幡、稲荷、天神の順に多いそうで、その稲荷神社の総元締めは、京都の伏見のお稲荷さんです。
「いなり」は稲成で豊作の神であり、商人には商売繁盛の神となります。

ところで、狐とはどんな関係なんでしょう!?
調べてみると、京大阪の方言では、狐はケツネで、ケツネうどんが正しい発音です。
古語で
「ケ」とは「食物」
「ツ 」とは「の」
「ネ」 とは「根元」の意味で、ケツネ は 食物の根元 となります。
また、古墳(塚)の洞窟に狐が住みつくことはよくあり、狐塚の地名は全国に分布します。
稲荷の地にも数千の墳墓があります。古代の人が先祖を葬った洞窟に住む狐を先祖の霊と考えたのはもっともで、食物の根元と同音の狐とがあいまって、狐は神の御使い、狐は豊作の神様と転化していったということです。

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    新穀感謝祭
    形見

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -