有賀泰治ブログ

ニュートリノ

24時間 3交代で観測結果を分析

スーパーカミオカンデ実験施設にニュートリノが衝突するのは1時間に一回ほど観測できるそうです。

ニュートリノは宇宙や地球内部、時には原子力発電所から飛んできて施設内の水の電子と衝突するそうです。その衝突時にニュートリノが蹴飛ばした電子素粒子を観測分析することによって、どの方向や、どこから飛んできたがわかるそうです。

現代、いまの時代に何に役立つのですか!?の質問に!

その結果は将来、宇宙の誕生の解明に役立つそうです!

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    新穀感謝祭
    形見

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -