有賀泰治ブログ

はじめての「蒸し寿司」

美味しい!

岐阜県の最北端神岡は、かつて冬の間は大雪のため交通が途絶え、何日もの間鮮魚を仕入れることが困難な時期が続き、そこで考案されたのがこの「蒸し寿司」

春から夏に採れる食材を乾燥塩漬けなどで保存し、鮮魚の代わりに寿司の具になっています。
味付けで最優先しているのがカツオデンブで、鰹節を削り粉にし、味付けしています。
寿司飯の上に でんぶ、油揚げ、椎茸、筍、レンコン、卵焼きを重ね、蒸し揚げで調理されてます。

飛騨春慶塗りの せいろ は寿司を最後まで暖かく保つだけでなく、独特の朱塗りが、歴史をにじませています。

雪国の知恵がつまっています。

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    新穀感謝祭
    形見

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -