愛車の花道 お役立ち情報

夏の車内は危険がいっぱい!!

こんにちはヾ(*´∀`*)ノ

今更聞けない素朴な疑問をお届けします!!

エアコン停止15分で熱中症指数が危険レベルに!!

5月だというのに真夏日が続きますね。駐車場に停めた車に乗り込むと、暑くてしばらくエアコンをかけたり窓を開けないと運転できないことがありますね。これからの季節、車内での事故が多くなります。炎天下の車内は危険がいっぱいです。真夏日でエアコンを停止すると25℃の車内がわずか10分ほどで38℃まで上昇します。そのまま時間が経つと50℃以上にまで温度が上がります。

日中お子様を連れてお買いものに出かけるお母さんも多いと思います。車に乗るとなぜか気持ちよく寝てしまうのが子供ですよね。せっかく気持ちよく寝ているのに起こすのはかわいそうだし、ご機嫌も悪くなるから・・・・お母さんとしてはこのまま寝ている間に買い物を済ませてしまいたいですよね。

エアコンもかけてるし・・・・ちょっと行ってくるだけだから大丈夫よね。

ちょっと待った!!

エアコンはかけてても、何らかの理由でバッテリーが上がってしまいエンジンが止まってしまうこともあるんですよ!!昨今、そんな事故で命を失ってしまうこともあるんです。ペットやお年寄りも注意が必要です。

ほんのちょっとの油断が大きな危険になります。この時期のお買い物は子供が寝てしまわない朝とかお昼寝が済んだ夕方などに行くなどの工夫をしましょう。

車の中の可燃物に注意!!

上記でも記したように炎天下の車内はかなり気温が上がっています。車内に可燃性のものなどを放置しておくと、引火したり爆発したりする事故も多発しています。十分に気をつけて、車から離れるようにしてくださいね。炭酸飲料の缶も膨張して爆発しますので、大変危険です。車に置きっぱなしにしないようにしてください。

まとめ

炎天下の車内は危険がいっぱいです。温度調節をきちんとしましょう。エアコンは内気にしておくと効率がいいですよ。夏も快適なカーライフを送っていただくために安心・安全に十分気をつけましょう。

ブログ一覧へ

愛車の花道 お役立ち情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -