愛車の花道 お役立ち情報

タイヤとタンコブ

どんどん暑さがキツくなっていきますね…

 

金曜日のマルオです。

 

さてさて、今回もビックリな事が起こりました。

 

なんと…

 

タイヤにタンコブが出来ていました…

 

意味がわかりませんよね?

事の発端は、お客様より「突然車がガタガタ揺れ始めた!」と緊急の電話があり現場に急行したのですが、下回りやエンジンルームを点検しても異常が見られません。

でも、動かすとガタガタすごい振動…

不思議に思っているとタイヤに違和感が…

なんか波打っている…?

見る角度を変えると…

タイヤにタンコブが!!

 

私も初めて見る現象でした…

 

原因は、タイヤのゴムが劣化し、中に入っている補強のベルトと剥離してしまい、間に空気が入ってしまったのではと思われます。

このまま走行を続ければすぐにバーストしてしまっていた事でしょう…

 

古いタイヤはちょっとしたきっかけで簡単に壊れてしまいます。

溝が残っているからと安心せずに、古くなってしまったタイヤは交換をお勧めします。

 

では皆さん良い週末をお過ごしください!

 

byマルオ

ブログ一覧へ

最近の投稿

本格的に 冬
エアバルブ

愛車の花道 お役立ち情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -