愛車の花道 お役立ち情報

アイドリングストップ

もう一般的になりましたね、アイドリングストップ車両。出始めた頃は「あっエンストした!」と良く思いましたがもう慣れました。そろそろその車両も消耗品の交換時期が来る頃ですが、まずとても大事なのが「バッテリー」です。エンジンを停止したり始動したりの繰り返しなので、とてもバッテリーに負担が掛かりますので、ちょっと普通のバッテリーよりお高いですが必ず専用バッテリーに交換をしてください。普通のバッテリーで短い期間で寿命になったり、アイドリングストップ機能が効かなくなったり支障がでる可能性があります。それとエンジンを始動させるのに大事な部品「スパークプラグ」です。エンジンの中でガソリンを爆発させるために火花を発生させる部品です。これが消耗するとエンジンが始動しずらくなりますので、アイドリングストップした後、エンジンが始動しなくなったり、始動しずらいとその分バッテリーに負担が掛かりバッテリーの寿命を縮めてしまいます。最近のスパークプラグは10万㌔交換不要な高寿命な物もありますが、それでも劣化はしますので、早めの交換がおすすめです。

by うんじ

ブログ一覧へ

愛車の花道 お役立ち情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -