愛車の花道 お役立ち情報

CVT チェックランプ 点灯

本日は ミライース号の修理です、 修理内容はアイドリングストップ時だけCVTのチェックランプ点滅、なぜかバッテリー交換後から点滅するようになってしまったそうです。

何かアイドリングストップの設定があるのか?とも思いながらダイアグの点検です→まさかのCVT異常なし。

しかし過去故障コードはオイルプレッシャーセンサー系不良と出ました、一度過去コードを消去してアイドリングストップをしてCVTのチェックランプを点灯させ今一度ダイアグ点検しました。

やはりオイルプレッシャーセンサー不良と出ました、となるとセンサーがダメなのか点検です。CVTのオイルプレッシャーセンサーはバッテリーの下にあるっぽいです、まさかバッテリーを交換した時にひっかかったかとも思いましたが。分厚いステーの下にあったので、センサーの点検です

ここまで外すとすぐにセンサーは見えます、オイルプレッシャーセンサーのカプラーを外すとオイルでびちゃびちゃに成っています、センサーの不良でした、

対策品になっているのかな?

新品に交換後アイドリングストップ状態になっても、CVTのチェックランプ点滅しなくなりました。過去故障コードを消してバッテリーを外したので初期設定をして、無事納車となりました。このセンサー2万円オーバーの部品です、チョットお財布には痛手ですよね。皆様のセンサーが壊れませんように。

BY たけうま

ブログ一覧へ

愛車の花道 お役立ち情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -