保険の専門Dock

安全運転のポイント

普段は信号機に従って通行している交差点ですが、災害や催事などの交通事情により、警察官や交通
巡視員が手信号や灯火による交通整理を行うことがあります。また、方向指示器などの灯火類が故障し
た場合、ドライバーは自分の腕を使って右左折などの合図をする必要があります。そこで今回は、手信
号等の意味や腕による合図の方法についてまとめてみました。
警察官または交通巡視員
が交差点以外で、横断歩道
や自転車横断帯、踏切もな
いところで手信号等を行っ
ている場合は、その1メー
トル手前で停止しなければ
なりません。
交差点以外の場所での停止位置
腕を横に水平に上げているときや灯火を横に振っているとき
警察官や交通巡視員による手信号や灯火の意味
警察官または交通巡視員が、腕を横に水平に上げ
た状態(腕をおろし、身体の方向を変えないで交通
整理をしている状態を含む)や、灯火を横に振って
いるとき。
●横に水平に上げた腕(腕をおろした場合において
は、身体の正面。以下同じ)や振られている灯火
に平行する交通については、青信号の意味と同じ。
●横に水平に上げた腕や振られている灯火に対面す
る交通については、赤信号の意味と同じ。
腕を垂直に上げているときや灯火を頭上に上げているとき
警察官または交通巡視員が、腕を垂直に上げた状
態(横に水平に上げた腕を垂直に上げ、または垂直
に上げた腕を横に水平にもどすまでの間の状態を含
む)や、灯火を頭上に上げているとき。
●腕や灯火を上げている身体の正面に平行する交通
については、黄信号の意味と同じ。
●腕や灯火を上げている身体の正面に対面する交通
については、赤信号の意味と同じ。byイチノセ

ブログ一覧へ

- サービスメニュー -