保険の専門Dock

ペット殺処分ゼロの現実と今後

本当に防ぐべきは乱繁殖と
動物の生態を無視した流通
改正動物愛護法によって、自治体
は正当な理由のないペットの持ち
込みを拒否できるようになりまし
た。これによって引き取り数も減
り、殺処分数も減りました。そうし
て以前は持ち込まれていた「売れ
残った犬や猫」は、引き取ってもら
えなくなったのです。
こうした行き場のない動物たちが
引き取り業者に渡り、悲惨な余生を
おくっている。これでは殺処分ゼロ
が新たな不幸を生み出していると
いっても過言ではありません。
動物愛護に取り組む人達が指摘し
ているのが、繁殖と流通の現実です。
悪質な業者が糾弾、摘発されるの
は当然だとしても、本当に問題なの
は、ペットという商品を大量に製造
する乱繁殖である事。高価な純血種
をたくさん産ませ、できのいい動物
は高く売れる。売れなかった動物は
ゴミ同然。この命を命とも思わない

乱繁殖と流通が最大の問題なのでは
ないかという事です。
殺処分という川下の不幸をなくす
のは大切ですが、そうした不幸を大
量生産している大元を放置している
のでは、いつまでたっても問題はな
くなりません

by=イチノセ

ブログ一覧へ

最近の投稿

保険の専門Dock
月別アーカイブ

- サービスメニュー -