保険の専門Dock

ペット殺処分の現状と今後

利益優先の乱繁殖、流通に歯止めを現在、次の動物愛護法改正に向け
て環境省で検討されているのが、犬や猫の繁殖、飼育環境、流通に対す
る規制です。これまでの法律の改正は、主に動物を買う側、家で飼う側の責任を問
うもので、動物をビジネスにしている業者サイドに対してはゆるいもの
でした。そのため1匹でも多く売ろうとする業者が、劣悪な環境で乱繁
殖を繰り返し、生まれて間もない犬や猫を店頭に並べるといった販売を
行っていたと指摘されています。今後規制対象となるのは、繁殖の
回数や繁殖・販売業者が使うケージ(檻)の広さ、そして生まれた子犬、
子猫を流通させるまでの期間等です。
こうした規制は、繁殖・販売業者にとっては枷となるため、既に反発
が起きているようですが、その現状を知れば、多くの人が賛成する内容
だと言えるでしょう。なぜ今までそうした規制がなかったのか不思議な
くらいです。
さて、「ペットの殺処分ゼロ」という自治体の目標も、その根本に目
が向けられるようになりました。可愛いから可愛がる、というだけでな
く、大切な命に福祉の目を向ける。日本も早くそうした時代になってほ
しいものです。

おわり BY=イチノセ

ブログ一覧へ

保険の専門Dock
月別アーカイブ

- サービスメニュー -