保険の専門Dock

保険の仕組み・起源 保険は何の為?

根本的なところのお話。そもそも保険って何のためにあるのでしょう?どうやって今の保険制度が出来上がったのか?その起源と保険の仕組みの基本に触れてみましょう。

 

保険の起源は海上輸送

むか〜しむかしヨーロッパのとある田舎村、貿易商人のビリー(仮名)という男がいました。ビリーはオリーブや葡萄、繊維、武器などを仕入れては、外国に船で輸送して生計を立てています。ある時、ビリーは思います。
「今までは、大きな事故もなく無事に積荷を輸送できてきたけど、これからも大丈夫だろうか?特に今度の積荷は量が多いし、万が一、嵐に会ったりして積荷を無くしたり、船が沈んだら大損害だな〜。こりゃ、なんとかしないと。」

そこで頭の切れる貿易商人ビリーは、村の金持ちの男、ジョン(仮名)を訪ね提案します。
「ヘイ、ジョン!今度、外国に輸送をするのだが、ちょっと積荷の量が多くて、万が一の事態が怖いんだ。そこで君に提案だ。積荷の分の代金を肩代わりしておいてくれないか?
もちろんただではとは言わない。無事に届け先に積荷を輸送することができたら、君には肩代わりの代金プラス利子を付けてお金を返そう。ただし、もし僕の積荷が嵐で無くなったり、船が沈没したら肩代わりしてもらった代金は返さない。つまり、積荷が無事なら君は利子の分儲かる。万が一の時は、肩代わりしてもらったお金は僕のものだ。」

こちらも頭の切れる金持ちの男、ジョンは考えます。
(ムム、これは面白い話だ...。ビリーは今まで、100回以上船で積荷を運んでいるが、今まで一度も積荷を無くしたり、船が沈没したことはない。どう考えても、次の輸送も成功する確率が高いぞ。ということは、ワシはなにもせず利子の分儲かる...。)
「よし、ビリー。その話乗った!」

この話はまあフィクションなのですが、仕組み自体は史実です。古代ギリシャ時代に貿易商人が考え出した”冒険貸借“という制度で、のちの海上輸送の損害保険の元となっています。この制度では、ビリー=保険加入者、ジョン=保険会社となり、注目に値するのは、先にジョンがビリーに保険金(積荷の肩代わり代金)を払うという点。積荷が無事であれば、あとからビリーがジョンに保険料(利子)を払うという契約になっています。現代の保険とは、お金のやり取りの順序が逆です。頭のいい保険会社は、先に保険料を加入者から取れるように、長い歴史をかけて改善してきたのでしょう。
Byナカムラ

ブログ一覧へ

保険の専門Dock
月別アーカイブ

- サービスメニュー -