販売・買取情報

モデルチェンジ情報!

今回はダイハツのハイゼットカーゴのモデルチェンジ情報になります。

今度、ダイハツの新型軽自動車商品説明会に参加してきますがこれのことでしょうか?(笑)

今回の内容は・・・

ダイハツは新型ハイゼットカーゴ マイナーチェンジを行い2017年11月13日発売する。

同日に新型アトレーワゴンもマイナーチェンジを行い発売を開始する。

今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)
スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

daihatsu_hijet_cargo_01.jpg
現行 ハイゼットカーゴ

daihatsu_hijet_cargo_03.jpg

daihatsu_hijet_cargo_02.jpg

ハイゼットカーゴについて

ダイハツの軽1BOXである。アトレーワゴンと基本構造を同一である。
現在は10代目
2004年12月20日 ハイゼットカーゴのみ先行フルモデルチェンジ。
2007年12月10日 マイナーチェンジ。フロントバンパーのデザインを変更するとともに、3本スポークウレタンホイールと明るいグレー色基調採用のインテリアに変更。
その後一部改良を繰り返し行なっている。

新型アトレーワゴンについて

LEDヘッドライト,フロントグリル、フロントバンパー、リアバンパー、リアコンビランプの変更などを行う。
新エコアイドル(アイドリングストップ機能)を搭載。

今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)
スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,875mm
ホイールベース:2,450mm

660cc 直列3気筒 DOHC エンジン
最高出力:39Kw[53ps]/7,200rpm
最大トルク:60Nm[6.1kgm]/4,000rpm

660cc 直列3気筒 DOHC ターボエンジン
最高出力:47Kw[64ps]/5,700rpm
最大トルク:91Nm[9.3kgm]/2,800rpm
JC08モード燃費:17.8km/L

エンジンに変更はなし、しかし新エコアイドル(アイドリングストップ機能)搭載により燃費向上を果たしJC08モード燃費17.2km/L→17.8km/Lとなる。

先進技術「スマートアシストⅢ」を搭載

現行のスマートアシストIIではJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。

今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。
(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)
スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

■衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)
①衝突警報(対車両、対歩行者)
走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

②一次ブレーキ(対車両、対歩行者)
衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)
一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)
衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

■車線逸脱警報機能
走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促します。

■先行車発進お知らせ機能
停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせします。 ■AT誤発進抑制制御機能
①前方誤発進抑制制御機能
ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

②後方誤発進抑制制御機能
リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

■ハイビームアシスト
ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

いかがでしょうか?

また実際に触れてきてブログで紹介していきます!

by キタザワ

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」の違いについて

 

機能システム スマートアシストⅡ スマートアシストⅢ
方式 レーザーレーダー+単眼カメラ ステレオカメラ
自動ブレーキ 歩行者
警告のみ
(50km/h以下)

(50km/h以下)
自動ブレーキ 衝突回避
(20km/h以下)

(30km/h以下)
自動ブレーキ 被害軽減
(30km/h以下)
○(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)
誤発進抑制 前方/後方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
オートハイビーム

ブログ一覧へ

販売・買取情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -