保険の専門Dock

無保険車にご用心

「T字路で止まれ表示だったので、停車していたら、曲がってきた車が自分の車に衝突してきた」とのことで入庫したお客様がおりました。

こちらは止まっていたので、全面的に相手が悪いよくいわれる「もらい事故」。ですが相手が自動車保険に入っていない無保険車両。

このようなケースでは被害者側の加入している保険会社は、この事故案件に介入できないことになっています。ということは相手と今回の事故による

損害の話合いは、当事者が直接しなくてはいけません。保険に加入していれば、相手の保険担当者が被害者に話しをしてくれます。これを示談交渉サービスと

いいまして、加入している保険に自動でついてくるのです。もし話がこじれて相手が修理費用を払ってくれないとか、連絡しても出てくれないようなときは

「弁護士費用特約」に入っていれば、介入できない保険会社に替わって弁護士をお願いする費用を保険金として出してもらえます。

自分は大丈夫と思っていても、今回のように相手が勝手に突っ込んでくるケースもありますので、やっぱり車に乗る以上自動車保険には加入しなくては

いけませんね。またせっかくはいっていても「弁護士費用」などはつけるつけないの判断ができますので、もう一度ご自身の保険を見直してください。

保険料は安いの越したことはありませんし使わなければ掛け捨てですが、突発的に起こった事故の負担を回避するための保険ですので。

ブログ一覧へ

保険の専門Dock
月別アーカイブ

- サービスメニュー -