保険の専門Dock

エコドライブ

「エコドライブ」は、燃料費などの運行経費が節減できるだけではありません。排出ガスの減少によ
る大気汚染の防止など環境保全に大きく寄与するとともに、ゆとりのある運転を心がけることで交通事
故の防止にもつながる、一石三鳥の効果があります。そこで今回は、「エコドライブ普及連絡会」が制
定し、「エコドライブ普及推進協議会」が推奨している「エコドライブ10のすすめ」をご紹介します。
1 発進するときは、穏やかにアクセルを踏んで発進しましょう。(最初の5秒で、時速20km程度が目安です)。

日々の運転において、やさしい発進を心がけるだけで、10%程度燃費が改善します。焦らず、穏やかな発進は、安全運転にもつながります。

2 走行中は、一定の速度で走ることを心がけましょう。車間距離が短くなると、ムダな加速・減速の機会が多くなり、市街地では2%
程度、郊外では6%程度も燃費が悪化します。交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけましょう。

3.車のエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。また、冷房が必要なときは、車内 を冷やしすぎないようにしましょう。たとえば、車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、エアコンスイッチをONにしたままだと12%程度燃費が悪化 します。

4.信号が変わるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離しましょう。そうするとエンジンブレーキが作動し、2%程度燃費が改善します。

また、減速するときや坂道を下るときにもエンジンブレーキを活用しましょう。

5.待ち合わせや荷物の積み下ろしなどによる駐停車の際は、アイドリングはやめましょう。10分間のアイドリング(エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃 料を消費します。また、現在の乗用車では基本的に暖機運転は不要です。エンジンをかけたらすぐに出発しましょう。 (つづく)byイチノセ

ブログ一覧へ

保険の専門Dock
月別アーカイブ

- サービスメニュー -