スタッフブログ

次世代ETC2.0見参!の、お話

こんにちは!

だいぶ秋めいてきて、ガレオプ安曇野店の横にある田んぼも黄金色に染まってきました!
秋だなぁ・・と感じますね!

さて、行楽シーズンに突入する前に!
2点ほどナビやその周辺機器についてお話をしようと思っています。

そして今日はその第一弾、ETC2.0のお話です。

そもそも、ETCって?

ETCは、自動料金精算システムのことです。
言われてみれば、と思う方いらっしゃると思います。
他の機能は備えていません。

こんな感じ。
ETC車載器と、料金所の路側器とで交信しています。

では、ナビやETC車載器から出てくる音声はどうやって取得しているのか?

そいつは~
FM-VICSとVICSビーコンです。

FMビーコンってーのは
その地域のFM放送局から電波を受信し、情報を取得するのです。

VICSビーコンというのは
200km先までの交通情報を取得できるものです。

なお、どちらもVICSの機能つきでないと反応はしません。

あと、あまり知られていないというか、知名度がかなり低いですが・・

VICSよりも高性能なものがあるんです。

それが

DSRC

えっ?
覚えにくい?知らない?見たことない?

そんな言われましても・・笑

VICSとなにが違うかというと・・

VICSは200km先までの情報を取得することができます。

しかし、DSRCは1000km先までの情報を取得できるんです!!!!

こんなん。

VICSより、高速かつ大容量の情報を取得することができます。

DSRCのエンブレムは黄緑色のアレです。

ちなみに、VICSが直線200km範囲内での情報取得に対し、DSRCは直線1000kmの範囲内で情報取得が可能です。

とどまっている都道府県単位での情報取得だけではなく、その先の交通情報が得られます。
渋滞情報や、事故情報が、今までは都道府県内の範囲でしか分からなかったものが、その先まで分かるようになりました!

本題・・でもないのですが、
最近出てきたETC2.0。

これって、普通のETCと何が違うのか。
おそらく、しっかり理解できていない方も多いと思うんです。
ここでマメ知識程度に情報を仕入れておきましょう!

ん?はいりきってない?

んまあ・・
従来のETCマークに2.0がついたと思ってください(笑

このETC2.0は、簡単に申しますと、従来のETC機能に加え、DSRCの機能がついたものになります。

ETCとDSRCが同時についている車載器もありますが・・

従来の機能が、より充実したのがETC2.0になります。
安全運転支援サービス、渋滞回避支援機能などが代表的です。

これは・・そうですね、首都圏での利用はかなり役立つかもしれません。
田舎の高速道路なんて、ウン十kmなんて渋滞は滅多にないですからねぇ・・。

長野県から東京都心までの高速道路、中央道は、混雑時は八王子バス停付近での渋滞が有名ですよね。
他だと、朝の通勤ラッシュ時は、調布とかも混雑します。

そんなときに役立つでしょう!

これから普通のETCを付けるのは、用途によってはもったいないかもしれません。

首都圏に行く用事が多い方は、ETC2.0の取付をオススメしますよ(´ωb

あ、ちなみに、当社アルガオートサービスでも、ETC2.0の登録・取付け作業、行っています。

行楽シーズン前特集第一弾、ETC2.0のウンチク講座でした(笑

ちょっとした話のタネになると、当店スタッフも嬉しいです。

アルファベットばかり並んで、よく分からなくなってしまいがちですが・・笑

そんな感じですね。

さて、久しぶりの投稿でしたが、またシルバーウィークまでにきっちりネタを持ってきますね!

では、今日のところは、ここでおいとま・・((((・ω

ブログ一覧へ

- サービスメニュー -