愛車の花道 お役立ち情報

かんたん日常点検♪クーラント編

こんにち・・・こんばんは!

この数日間、簡単な日常点検足回り編を投稿してきましたが、今日からは心機一転、エンジンルームで重要な箇所をお伝えしていこうかなーと思っています(´ω

これは車によって個人差があるので、一概に、「ココには絶対にコイツがいます!」とは言えませんので、ご了承ください・・

サンプルに使っている車は、スバルR2です。
どうぞご参考までに!

んま、今日はとりあえず・・
クーラントについてお話します。

クーラント・・
女性で車にあまり興味がない方はあまりピンとこないかもしれません。

こんなやつです。
色は何色かあります。
ピンクとか、ブルーとか。
R2くんが食しているのはグリーンです。

クーラント、つまり冷却水。

簡単に言うと、エンジンくんのお相方です。
クーラントがないと、エンジンくんは燃え死にます。
ついでに車も再起不能になります。

えっ、燃えていいんじゃないかって?
エンジンは燃えてるじゃんかって?

たしかに!
燃えてるけど!

んー・・、要は燃えすぎちゃうんですね。
俗に言うオーバーヒートとやらを引き起こします。

クーラントがないと
熱くなりすぎて、車全体がクタクタ、もう体持ちません!
ってな感じで、末期まで耐えると、エンジンがかからなくなります。
いや、末期まで耐えさせないであげてくださいね!!

あとは、パーツが壊れたり、エンジン自体から発火したり。
それを防ぐために、エンジンくんを適当な温度に保ってくれているのが、この、クーラントというわけです。

そんなわけで、クーラントくんはなかなか重役。

いまR2くんのクーラントはちょっと減ってるけど、まだ大丈夫。

分かりづらい・・

お、こっちの方が分かりやすい!

うんうん、まあ・・
ちょこちょこ見てあげないとな、って感じ。

これが、LOWまでいっちゃうと・・クルルァが死にます。
あ、車が死にます。

壊れた部品の交換でかなりお金がかかるので、新車か新しく中古車買った方がいいかもレベルです。

ちなみに、ゴム製品には基本使ったらアウトですが
ボンネットを開ける時のレバーがあるところ。
あの辺りは比較的しつこいエンジンまわりの汚れが付くことがあります。

そんな汚れは、こいつで落ちます!
テッテレー!(・・古い!?

メーカー等を隠すために一応手書きのラベルですが・・

たいていどこのホームセンターにも置いてあります。
カー用品のコーナーにあるはずです。
もちろん、新品カー用品を取り扱っているお店にもあります。

ブレーキクリーナーとか、パーツクリーナーと言われています。
一つ注意点といたしましたら、引火性がありますので、火の気があるところでは使用しないようにしてください。爆発します。(極端ではありますが、中身はガスなので!
あとは、直接吸い込まないとか、そういう感じの注意書きが裏にあります。

本日は、クーラントの重要性と点検の目安、あとはちょっとしたしつこい汚れの落とし方についてお話ししました。
つぎは何の話をしようかな!

ぜひ、お楽しみに(´ω

■ご連絡■
明日、安曇野店は店休となります。
また、シルバーウィークも今の所は21日~23日までは店休とさせていただきます。
ご了承ください。
松本店は通常通り営業予定です。

おまけ絵。

ブログ一覧へ

- サービスメニュー -