1.経営方針・会長挨拶

経営方針

1.創造的人間力の形成
わが社は、自動車関連の事業を通し、お客様のカーライフの向上に奉仕する喜びの中から、 一人ひとりの社員が仕事への工夫と努力との練磨によって、自身の人間力と職務能力を高め、自己実現を図ることが可能となる、職場環境を作ります。
2.永続性ある主体的企業の確立
わが社は、自動車が人々の生活に欠かす事のできない、必需品であるという現実を重くとらえ、車両に関わる車検・整備・板金・塗装・保険・車両販売、及びレッカー事業等の仕事を通し、常に脚下照顧の謙虚さを保持しながら、顧客を始めとする企業を取り巻く、6種の利害関係者集団との調和を図りなつつ、主体性ある永続的企業を作ります。
3.社会的価値増大への貢献
わが社は、少子高齢化の社会の中で、車が人びとの生活文化を担保するものである事にかんがみ、車社会が効率よく機能できるような関わりの中から、雇用を増大し、産業資本を充実させる事による社会的価値の増大に努め、以て国家社会の発展に寄与する事を使命とします。

有賀泰治 あいさつ

会社設立は若い頃からの夢で、・・・・
がむしゃらに一生懸命仕事をしていきました。
自分が将来こうありたい、《夢》だったかもしれない・・・
しかし、今日の目標、明日の目標をクリアーしていくといつの間にか、
遠い向こうの夢だった様な事が現実になっている。
『ああ、これでいいんだ』・・・・
成功例や勝利することの体験
がむしゃらに突き進む中で多くの失敗もして・・・・
『ああ、こんなことをしてはいけないんだ』
良い、悪い、の多くの気付きを重ねてきました。

気付き・・・その中から会社で働く人が増え、その家族にも触れ、自分ひとりの生活や人生を考えるだけではいけないんだという事もいつしか考えるようになり、数多くの改革を進めています。

  • 会社の経理や内容をオープンにし
  • 経営計画を作成
  • 社内から出資者を募集
  • がんばる人は登用し、社内より役員、社長に就任していただいています。

企業経営の目的は企業の永続的発展であり、そのために企業体質を変え、
利益を出すことが必要になります。

企業の繁栄の秘訣は企業経営の中に『大自然の法則』を積極的に取り入れて経営を行うことです。 遠い将来、子や孫がこの会社をいつしか仰ぎ見たとき、先人の壮大な思いを感じる企業であり続けます。

Have Fun

2007年3月12日