愛車の花道 お役立ち情報

ブレーキパッド・ローターを交換しなかったらどうなる?

こんにちはヽ(*´∀`)ノ
今日も今更聞けない、素朴な疑問を女性目線でお届けします。

よく聞く、ブレーキパッド・ローターは交換しないとどうなるんでしょうか?

ブレーキパットは、車輪とともに回転するブレーキローターを両側から挟み込み摩擦力によって制動力を発生させる大事な部品です。新品のブレーキパットは10mm、使っていくうちに減っていって、残り少なくなってくるとパッド横についている鈑金製のインジケーターとローターがこすれて「キーキー」と音がしてきます。
これを無視して使い続けていると、異音とともにブレーキローターの破損してしまい、ブレーキの制動力が極端に落ちるので大変危険です。

ではどのくらいで交換するの?

ブレーキパッドの厚さが1mmが限界とされるので、これを超えたら交換してください。大体3万キロ~4万キロが目安です。心配な時は点検して見てもらいましょう。
ローターも10万キロを越えたら摩耗していなくても交換したほうがいいですね。

お車の使用状況によって摩耗も異なりますので、点検をおすすめします。

もうすぐゴールデンウィーク
安心・安全でおでかけください!!

ブログ一覧へ

愛車の花道 お役立ち情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -