fbpx
MENU

販売・買取情報

大型トラックの自動運転・隊列走行実験

ここ最近、クルマの自動運転の話題が業界ではよく耳にしますが

大型トラックの自動運転・隊列走行実験

というのは皆様知ってますか?

高速道路に乗る前に一番先頭のトラックには運転手が乗り後ろ数台は前のトラックに無人で追従するという技術です!

こんな感じです!

大型トラック4台による隊列走行実験風景

うん!人手不足の時代にぴったりな発明ではないでしょうか!!

。。。。。
。。。。。
。。。。。
先日、自動運転のセミナーに行ってきましたがそこでこの追従システム。。。
システム開発が進めば進むほど。。。
無理が色濃くなります。。。

無理な理由はものすごくいっぱいあります。
ここでは少しだけ書きますが。。。

1、上の写真でも4台並んで走行していますが。。。みなさん。。。自分が高速を走っていて急にこの団体が自分の前で高速入ろうとしてきた場合、譲って進路に入れられますか?
A:めっちゃ怖くないですか!

2、基本、前の車と通信?(すみません。この辺りのシステムについてはうる覚えです)で繋がっていますが仮に通信障害が起きた場合、2番目以降の無人車両は暴走始めてしまうのか?
A:これは今流行りの自動ブレーキなどの組み合わせで回避できるとのことですが車間を基本5mほどで連なっているので玉突きしてしまう?可能性がある!?

3、では、玉突きしないように5mから10mの車間にすればいいのでは?
A:10mの車間にすると他の車両が間に入ってきてしまう可能性が大きくなってしまう。また1番目の質問の長さも倍ぐらい長くなり、高速の入口で入れなくなってしまいます。

4、決定的なのが高速道路にて使用する追従システムなので高速乗る前に、高速乗り場近くで待機して縦列を組まなければいけないのです。
A:場所や施設の確保に国はお金を出してくれません。運送会社負担で確保するのにコストがかかりすぎる。

そうなんです!

コスト。。。運送会社は縦列ができる最新のトラックの購入コスト、高速道路の場所の確保のコストなどかかります。

実際、運送会社で必要と思っていないことが最大の難点ではないでしょうか?

う-ん。。。

やっぱり、無理かもね。。。

by   キタザワ

ブログ一覧へ

販売・買取情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -