fbpx
MENU

販売・買取情報

新型車情報!インサイト編

毎日暑い日が続いています!

クルマからおリルのが苦痛ですね。

水分とって熱中症に気をつけましょう!

では、インサイトが復活する噂があります。噂ではなく復活します。

以前、トヨタのプリウスに唯一、正面から挑んで敗北感が否めない感じで姿を消して行きましたが(個人的には好きでしたが。。。)今回はプリウスとはケンカしません。なぜなら高級志向になるそうです。???

詳細はこちら!

【2018年5月】新型インサイト 量産第1号車がラインオフ

ホンダ 新型インサイト 2018

2018年5月14日、ホンダは新型インサイトの量産第1号車がラインオフしたことを発表。量産第1号の新型インサイトは米国のインディア州グリーンズバーグにある、ホンダ・マニュファクチャリング・オブ・インディアナからラインオフしました。

ホンダは新型インサイトの生産開始により、米国における電動化の戦略を促進させていく方向性を明らかにしました。

【2018年3月】新型インサイト ニューヨークモーターショー2018にて公開!

2018年3月28日、米国ホンダから市販モデルの概要が発表されていた新型インサイトが、ニューヨークモーターショー2018にて初公開されました。

新型インサイトは3代目となり、約4年ぶりに「インサイト」の名称が復活することとなります。
2代目はプリウスのライバル車としての色が濃かったのに対して、3代目はシビックの上位に位置するミドルクラスのハイブリッドセダンになります。

新型インサイトに関するデザイン、スペック、価格、発売日など最新情報をご紹介します。

ホンダ新型インサイト復活の主な変更点まとめ

・1.5L 2モーターハイブリッドエンジン「SPORT HYBRID i-MMD」を採用
・先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の搭載
・スタイリッシュさが強調されたエクステリアデザイン(外装)
・米国で2018年8月から発売予定

歴代のホンダ・インサイトは発売直後は高セールスを記録したものの、販売台数が徐々に右下がりとなり、フルモデルチェンジされることなく販売終了されてきたという経緯があります。
2代目インサイトも初代発売終了から復活後、約4年で生産終了となったため、今回のインサイト復活は長期継続販売をすることが重要となります。

ホンダ新型インサイトの外装(エクステリア)デザイン

フロント

サイド

リア

ホンダ新型インサイトの市販モデルの外装はスタイリッシュさを保ちながら、スポーティなデザインに仕上がっています。

ホンダの特徴的なフロントグリルである「フライングウィンググリル」やルーフトップからルーフエンドにかけて続く流れるようなルーフラインが特徴的です。
その他、薄型LEDヘッドライトやテールランプが目を引きます。

ホンダ新型インサイトの内装(インテリア)デザイン

運転席・助手席

後部座席

ラゲッジスペース

ホンダ新型インサイトの内装は全体的に無駄がないシンプルなデザインに仕上がっています。
シフトレバーをボタンに置き換え、ラゲッジスペースに十分な広さを備えることで、実用性を重視していることが見て取れます。

質感のあるステッチを施した革張りのシート、7インチTFTカラーデジタルドライバーのメーター、8インチディスプレイオーディオタッチスクリーンを装備することで、燃費や走行性だけではなく、快適性や操作性を求めるインサイドの理念がうかがえます。

個人的にホンダのセダンが最近カッコ良く見えます。

販売は今年の秋頃とか。。。

by キタザワ

ブログ一覧へ

販売・買取情報
月別アーカイブ

- サービスメニュー -