有賀泰治ブログ

ブルーノート

ライブハウスといえば Blue Note 東京

25年ほど前になります。
ニューヨークへ行った時、当時、世界で一番有名なジャズクラブといわれていたBlue Noteへ行きました。
Blue Noteの総本山です。
音楽、パホーマンスのプロデューサーは日本人でした。その時の衝撃は今だに忘れません。

以来、東京へ行くときには、チャンスがあればBlue Note東京へ聴きに行きます。

グラミー賞をとるミュージシャンや日本の一流のミュージシャンの楽曲が楽しめます。

昨日の おがさわらあい さんも頑張ってもらいたいと思います。

ブログ一覧へ

カテゴリー

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -