fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

経営方針共有勉強会 4日目

年男!年頭所感で卓話した内容も、今月は社員の皆さんに話しました。

 年頭所感の発表に当たり、自分で作っている100歳までの年表を改めてPCから取り出してみました。
 年表には算命学や春夏秋冬などの理論も入れて人生サイクルを見やすくしてあります。

自分の生れた年を合わせ5回目の年男で、還暦になります。そして、3回目の成人式ともなります。

60歳の還暦・・・枯れていく人生。
3回目の成人式、まだまだ夢や希望があるという二面性を自分でこじつけて考えてみました。

 年表には小さなころからの夢が書かれています。
変成はありますが、中学校の高学年になると、社会に出て働き将来は会社の社長になりたいなどと具体的ではないけれど、事業を起こしたい!・・・・と考えるようになっていました。

その後、自動車修理会社をしたい!・・・
別荘を持ちたい!・・・
世界中旅をしたい!・・・
などといった夢を追いかけてきました。その中で感じることは、運やツキに恵まれていると思うことが多くあります。

 運が良かったことは、

 柔道インターハイで長野県champion・・・高校から柔道を始めたものが県championになるという事はまれ。・・・努力しなくてもあれよあれよいう間に大会で勝ち進み県代表になり全国大会へ出場してしまった。。・・・結果ベスト16

 トヨタ時代、トヨタの検定1級を取得・・・長野県3人目で最年少・・・1週間の徹夜だけで受かってしまった。

ホールインワン・・・キンコンカンで入ってしまった。

会社の隣にツルヤ出店・・・偶然

多くの良い友人に巡り合えたこと・・・

などなど・・・・・

運が悪かったことも人一倍多いと思います。

・・・・マイナスの言霊になりますので発表はしませんが・・・・この運悪かったことをほとんど良かったことに転嫁してきました。

60年で色々な
良いこと、悪いことなど、けっこう大変な出来事が多く発生しています。
その中の、ほとんどが良い方向に向かった。運が良かったと思う事ばかりです。

子ども心や大人になって、思ったことはおおむね成しえた。という幸せな人間だと思います。

自分の、運、ツキについてみてみますと、三つに分かれます。
1、自分で努力して頑張って、ひきつけた運の良さ

2、人に巡り合って、ひきつけた運の良さ

3、《サムシングレート》何かわからないものによって、ひきつけた運の良さ、ふしぎな体験もしています。

中でも一番のツキは、出会いだと思います。
運とは、ツキの連続であり、
ツキも運も自分の労力ではつかない。他人との出会いがが運んできてくれます。

また、ツキこそ実力で、どんなときでもツイていると思い。ツキを実感してきています。

今年60歳になり、3回目の成人式に臨み、あらためて思うことは、『ツキのある皆さん』が集まる運の集積を大切にして、良い未来を創造する予感を持つことだと思います。
10年後、20年後には、自分の予感した通りの未来であり、いかによい予感を持ち、その予感を実現をしていきたいものです。

特にこれからは、少し社会や他の人の役に立つことも行い、また、夢で起業した事業の永続的発展を願うものです。

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -