fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

薔薇の剪定

↑ポーズをとる!徳田千夏先生

英国チェルシーフィジックガーデン を卒業後、東京などで活躍、特に東京で開催するローズガーデンセミナーは全国から応募があるとのことです。

今回は東京からわざわざ来ていただき、薔薇の剪定をお願い致しました。

 

いろんな種類の20本ほどの薔薇を植えて、10年ちょっと経ちます。咲き終わった花を落とすくらいの、いい加減な剪定していましたが、枝がかなり暴れてきていました。

品種や植えた年月、薔薇の状態によって、剪定の方法に違いがあったり、面倒を見ていなかった薔薇に虫が入ったり、ウィルスが入っているものがあり、10年以上育った幹をノコギリでバッサリ!

見ているこちらが

「あ〜〜‼️」

と声が出るくらい、思い切った場面も。

また、そればかりではなく

「ここは大切に育ってほしいね!っと」優しく繊細に扱うところもあり、とても参考になりました。

剪定することによって薔薇の生育状況も知ることができるので、毎年一回は剪定することが大切だと感じました。

今までだいぶサボっていましたね!

いろんな状態に合わせた剪定方法を教えてもらいながらの1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ “レオン”と“はる”が覗き込んで見ています。

わかりますか!?

 

 

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -