fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

飼い犬に鼻パンチ 🐽 👊

笑えるような!笑えない事件

 

自宅に帰ると、喜び勇んでダッシュしてくるのが日課の愛犬 “はる”と“レオン”

体重85kgの “はる” は10mほどダッシュして、私の手前に来ると向きを変えて、胴体で当たってきて、身体をすり寄せ“なでろ”という仕草をします。

喜びいっぱいにはしゃぐのが日課になっています。“ ヨシヨシ ”と身体全体をマッサージしてあげると、大きな体を地面に横たわらせ、マッサージの箇所も変えてのリクエストしてきます。

実は!

ダッシュで駆けてきて制御がきかずに、“ はるくん ”の鼻が私の《みぞおち》を直撃!

強烈な激痛・・・「イターッイ・・・!」悶絶!

それでも、しばらくすると動けるようになったので、いつもの夜と同じ生活ができました。

が!

しかし、翌日になって、朝から動き始めると、徐々に腹部が腫れてきて、痛みもだんだん強くなってきました。

その日は、国立医療センターの定期健診日だったので通院したんですが、時間がたつに連れて痛みがひどくなってきたので、ドクターに症状を訴えると「造影剤を入れてMRI検査をします」緊急に診療変更してもらえました。

結果は「腹直筋肉血腫」 筋肉破裂!状態。

絶対安静の緊急入院ということになりました。

入院後3日間ほど鼻パンチを受けたミゾオチの痛みは24時間続き、

その後は血液をサラサラにするワーファリンを飲んでいることもあり、しばらくすると、胴体全体に出血がまわり、上半身はドス黒く、腫れと痛みも出て大変なことになり、結局一週間以上の入院とあいなりました。

入院当初は痛みで辛かったのですが、3日ほどするとだいぶ落ち着いてきて点滴も外れ、ひたすらベットに寝ているだけなので、退屈な入院生活となり、

ついに、ドクターに退院を願い出て、検査結果も良好!、あと一週間は自宅療養できるのならOKということで退院。

 

 

ワーファリンは、いろんなことを制限されています。食事制限、危険な運動やオートバイなどは禁止、打ち身、ケガをしないとことを注意されています。

気軽に考えていた打ち身やケガを軽くみていました。油断に “はる” くんが警鐘をしてくれたと思い、今後身を引き締めなくてはいけませんね。

←  “はる”くんの厳しい警鐘でしたが、ご主人に怪我をさせた反省はしているのかな!

わかりません!!ね!!

 

 

 

 

 

・・・・↓ “レオン”くん

・・・・・・・・・・・・・↑   “ はる ”くん

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -