fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

ナイル川

アフリカ大陸東北部を流れ地中海に注ぐアフリカ最長の河川です。長さは6,650km。アフリカ大陸10各国の多くの国を流れ、その周辺に肥沃な土壌をもたらしてきました。

↓ ルクソールのナイル川を渡ります。

世界一長い川とういイメージでいて、いざ川を渡ってみると、川幅が狭い。カイロから650kmの上流にもかかわらず、思っていたよりも狭い川幅でした。

大きな船が何隻も係留されているのを見れば、川の深さはありそうですが、川幅は梓川程度に感じます。

 

ナイル川両岸にある農村地帯の農家の家が立派です。大家族で暮らし、一家族20人〜30人はザラだそうです。

コンクリートやレンガ造りの家は家族が多くなれば、上へと階を重ねられるように作って行けるようになっています。

 

 

 

↑ 砂漠と緑(カイロのゴルフ場です) の間にナイル川が流れています。緑の上方はカイロの街、3000万人が暮らしています。

 

バルーンに乗っての観光もあります。 ↓

ホテルの近くに流れる川の水は意外と青く、砂漠を通る川なので濁っているかと思えば、意外と綺麗です。

 

ブログ一覧へ

カテゴリー

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -