fbpx
MENU

スタッフブログ

ちょっとゆる~い板金塗装講座 【全損編?】

こんにちは!

今回は「全損」です。全損って何か? 自動車保険の用語で全損とは

  ⓵ 車が修復不可能なまでに損害を受けてしまった場合
  ⓶ 車が盗難に遭って発見できない場合
  ⓷ 修理費が車両保険の保険価額以上になってしまった場合 ということだそうです。

なんとなく全損のイメージって

こんな感じだと思います。

ですが「⓷ 修理費が車両保険の保険価額以上になってしまった場合」とは、車は年数が経ち、走行距離が増えれば年々その車の価値価格が下がっていきます。
300万円の新車が10年経過したら、同じように300万円の価値にはならないということです。

たとえ、本人がとても大切に扱って愛着のある車でも、保険会社の決める価値価格が30万円であり、事故で修理するのに50万円かかっても保険金は30万円しかおりません。

もしもの場合のとき、自動車保険の特約にて修理費用をまかなえることもありますので、事故の前にご相談ください。

  by うんじ

ブログ一覧へ

スタッフブログ
月別アーカイブ

- サービスメニュー -