fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

ボランティアの草刈りをしていたら思わぬ苦情❗️❓

この時期、町会の一斉草刈りがあります。

川沿いの道路際や道路にはみ出た雑草を刈り、交通安全に支障をきたさないよう全戸参加での作業になります。

草刈ビーバーのある家は、一週早く草を刈り上げます。車の往来を避け早朝6時からの作業。作業前の集合や終了の合図も無く、並柳町会は阿吽の呼吸!

7時の最後まで作業をしていたところ、後ろから40代前後の男性が現れて私に突然の “ 苦情 ”でした。

会話   ↓

男:「その音なんとかなりませんか?」

私:「・・・!?」

男:「私の寝室が道路沿いにあるんです。その音なんとかなりませんか?」

私:「町会のボランティア作業なので・・!  あなたも参加したらどうですか!」

男:「参加したら!その音なんとかなるんですか?」

私:「草刈機の音は出ますよ・・・!」

男:「音なんとかして・・・!」

私:「町会のボランティア作業なので・・・! 町会に言って!」

・・・¿  (°_°)

 

ご苦労様ですと言われるならいいんですが、苦情を言われたのは初めて、時代の流れか!人の考え方が変わってきていることを痛感。

変な時代になってきました。

 

 

ブログ一覧へ

カテゴリー

    最近の投稿

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -