fbpx
MENU

有賀泰治ブログ

ペトラ遺跡

砂漠の中から現れた広大な岩山が連なるこの地、そこからペトラ遺跡として発見されているのは遺跡全体の1〜2%ほど、ほとんどがまだ砂漠の砂の中に覆われているということです。

ペトラ遺跡 ゲート ↓

 

案内板  ↓

 

 

 

↓ゲートからここまで2km、「エル カズネ」

 

ペトラとは、ギリシア語で「岩」を意味しています。

日本を出て32時間やっと着きました。死海の南端から80km、アンマンからは4時間

ここは映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』に聖杯の隠された遺跡の舞台になったことでも有名なペトラ遺跡です。

その聖杯の隠された遺跡として登場するのがこの宝物殿「エル・カズネ」

夜に到着して

“ ペトラ バイ ナイト” (隔日)があるいうことで行くことにしました。

シーク(岩の裂け目)と神殿をロウソクで照らし、神殿前の広場ではベドウィンの伝統的な音楽ライブがあるということです。

片道2km、ロウソクの光だけでは歩きにくく大変でした。

やっとの思いでたどり着いた「エル・カズネ」はロウソクの揺れる柔らかな光に浮かび上がり、音楽ライブは日本人のイメージする、まさしく中東イスラム音楽、幻想的な場所となっていました。

映像や写真でみるよりも大迫力です。

I Phone 撮影 画像の鮮明度はここまで ↓

着いた広場は人で埋めつくされていて、一番後ろの高いところを見つけしばらくベドウィンの音楽を聴いてみました。観客にはお茶も出るということでしたが、真っ暗な中衛生のクオリティを考えるとあまり進んで飲みたいということもないので、あえて配られるのを待たずにUターン。

 

遺跡のゲート内の、広場をすぎたところにホテルがあり、その地下に洞窟を利用したレストラン“ The Cave Bar” があります。ピアノライブもしています。ヨルダンはイスラム教なのでアルコールを飲めるところはほとんどないということでしたが、外国からの観光客のために、このBarはアルコール類OK、雰囲気があっておしゃれ、街に入った時感じた混雑した街並みを考えると別世界です。 ↓

 

 

 

到着一日目はここまでで、明日 また往復8kmはあるというペトラ見物をする予定です。

 

この岩山には神殿 600 もあり、山全体が石のレリーフです。「エル カズネ」から次に有名な「エド ディル」まで2時間

 

 

 

ローマの将軍ポンペウスの時にローマ支配下になり、ローマのコロッセオのような円形劇場もあります。↓

3000人は入れるとか!

 

 

写真右側はレストラン  ↓  以外なところにあります。

 

エル・カズネから1時間以上歩くと、ペトラでは二番目に有名な遺跡「エド・ディル」に続く岩山の麓に着きます。その岩山の800段もの石段を登らなくてはならなく、かなりの急勾配なので徒歩でさらに1時間ほどかかるとのこと、集合時間のこともあるので私はここでUターン。一緒に行ったT・Sさんは途中まで行ったようですが急勾配を前に諦めたそうです。

Uターンをしてすぐに観光用ロバを扱う親子に会い、ゲートまでの帰り道の運賃を交渉、$35ドルとチップで交渉成立!  来た道をロバで帰るのかと思ったら、ロバは帰り道を大きく90° 迂回して山に入るではないですか!

↓  前を行く Sさんロバ !  舗装道路の出現に驚き!

砂漠の岩山を登っていくと突然舗装道路に出て、しばらく行くと無人のゲートの前で自動車が待っていました。それに乗り換えさらに岩山を大きく迂回して、入場したゲートの外側に到着。待ち合わせ時間より1時間も早く着いてしました。

↓ 大きく迂回した道路でペトラの岩山をバックに記念ピクチャー!

 

観光客用に遺跡では多数のロバやラクダの乗馬ポイントがあります!体力に自信のない方や疲れてもう歩く自信がない時には、無理をせずラクダやロバを使って観光もいいですね。

 

日本のインディージョーンズ   ↓

↑ 写真に光が入ったのは偶然!

 

ゲートからの入場は ペトラ バイ ナイト と日中の入場券と別売り、岩山に入るのにはチョットお高い感はあるが、国の大切な観光資源なので仕方ないか!

インディージョーンズの聖杯が隠された宮殿はここだけなので!

 

 

 

ブログ一覧へ

カテゴリー

    有賀泰治ブログ
    月別アーカイブ

    - サービスメニュー -